我流麺舞 飛燕 (カップ麺 食レポ)

こんにちは

今日はニュータッチの《我流札幌ラーメン飛塩 焦がしラード風味塩ラーメン》のカップ麺を頂きました。

私のカップ麺選定基準でもある『こってり』というワードはパッケージにはありませんでしたが、写真が美味しそうに見えたので購入。ジャケ買いじゃけえの。

実は数年前北海道に行ったとき【焦がしラード】というワードの入ったラーメン屋に行ったんですよね。

あまりいい記憶が無いというか、これは本州の人の味覚とは違うぞと感じまして。(勝手に本州代表の味覚を語ってすみません)

まあ、簡単に言えば口に合わなかった。

そこからしばらくは『焦がし○○』というワードのついた料理には拒否反応が出ていたと記憶しています。

その焦がしアレルギーも落ち着いてきた今日この頃、私はこのカップ麺を手にとったのであります。

もう焦がしから逃げるのはやめよう

決意を込めて開封

スープは液体のみ。これは少々不安。

スープに深みがある商品はスープの素が液体と粉

の合わせであることが多いのです、私の経験上。

できあがり

パッケージに写る具材とは大分乖離がありますが (笑)、これはもはやカップ麺の暗黙の了解といえるところ。

しかし見た目自体は悪くありません。台湾ラーメンみたいな雰囲気です。

味はというと、スープはあっさりしています。そしてこの香りは…

畑で何かを燃やしてる時に匂ってくるようなスモーキーさを感じますね。

きっとこれが焦がしの部分なのでしょう。

昔北海道で食べたあのラーメンの記憶がみるみる蘇ってきました。

やはり焦がし○○は私の口には合わないのかもしれない。

しかしながら、麺はさすがニュータッチです。シッコシッコしてて美味しいです。

具材は申し訳程度の量ですが、そぼろ肉が地味にうまかったです。これは味付けがいい。

原材料を見るとニンニクペーストと記載がありますが、ニンニクの香りは殆ど気になりませんでした。

さて結論として一言、

料理を焦がすのはやめてください。

私が言いたいのはこれだけです。

北海道出身の人や、焦げててもいいよっていう優しいイケメンにはオススメのカップ麺ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする