家電の電源がつかなくなった!?買い替えるまえにコードの接触をしらべよう

こんにちは。

ある日嫁が、「アイロン壊れた。もう15年も使ったし買い替えようかな」と言っていまして

まあそのときは、ふーんまあアイロンくらい買えばいいわなと思って聞いていたのですが、

よく聞くと、コードの接触が悪いのか、電源が入ったり入らなかったりをチカチカと繰り返すのだそう。

コンセント側のプラグ先端近くを手で押さえとくと接触がよくなるようで「すげーめんどくさい、ちょっとここ押さえてて」と頼まれ、コンセント前でしばらく動けなくなるという無駄な時間を過ごしたのであります。

こんなのたまんないからすぐにでも新しいアイロン買おうと考えたわけですが、ちょっとまてよと。

これってアイロン本体は問題ないわけだし、電源コードだけ直せばいいんじゃね?と思ったのです。

しかし直すといってもどうやって?接触の悪いとこだけカットしたとしても、残りをどうやってつなぐのか・・?

調べてみると、解決できる商品がなんと百均でも手に入るという事実が判明。

やってきたのは我らがダイソー。百均のなかでもダイソーは家電パーツや工具系の品揃えはピカイチです。

今回購入したのは「フリープラグ スイングタイプ」

電源コードの接触の悪い部分がちょうど電源プラグに近い場所だったので、プラグごとカットしてコレをつければオーケーという寸法ですね。

以下に手順を紹介します。

まず電源プラグを接触悪い部分ごとカット

先端を4cmほど裂いて

 

裂いた先端をペンチの切れ刃やカッター等でゴムをむき、中の銅線を出す。

この銅線は何本も束になっているが間違って1本でも切れてしまえばやりなおししなければならないとのこと。

銅線の束はねじってまとめておく。

 

銅線を写真のようにプラグにセットする。この二つの銅線の束が接触しないように注意。

接触しているとコンセントに刺したときショートして危険。

完成!アイロンも無事に動作しました!

しかも写真や商品名からもわかるように、プラグ部分がスイングする機能まで新たについたため、壁のコンセントに刺したとき、まっすぐ下に垂らすよう曲げることができるので、子供が足で引っ掛けるリスクも減らすことができます。

今回は無駄にアイロンを買い直すことなく、たった100円で簡単に修理できました。

もし家電の電源が入らない・入りずらいというとき、電源コードの接触不良が原因と考えられる場合はこの方法で直してみるといいですよ!

思ったより簡単で経済的なのでおすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする