Amazonでの大型家電の購入☆修理保障や搬入など注意点☆我が家の冷蔵庫購入体験をまじえて

こんにちは、

我が家では、先日Amazon(アマゾン)で冷蔵庫を購入しまして。

いやはや、あんな大型家電もネットでポチッとやるだけで簡単に購入できてしまうとは・・・

明日のパン買いに行くより簡単なんですわ

時代の流れはすごいのぅ・・・

私はネット通販などで大型家電を購入するのが今回初めてでした。

なんとなく、家電は実店舗でないと不安という気持ちがありまして。

ただ、まぁ最後にものを言うのは値段なんですよ。

結論から言うと、いろいろ不安な点もありましたが今回の買い物に満足しています。

今回は、Amazonでのネット購入によるメリット・デメリットや注意点などを、我が家の購入体験をまじえて記事にしました。

これから大型家電の購入を検討している人の参考になれば幸いです。

大型家電Amazon購入のメリットとデメリット

メリット

Amazonで購入するメリットとしては、実店舗での購入に対し、比較的安く購入できる点です。

タイミングによっては型落ち品の値引き率がかなり高く、お得に購入できる機会も多いです。

デメリット

当然ですが、実店舗のように商品を直接見ることができず、店員に詳しく説明を受けることもできないことがデメリットとして挙げられます。

Amazon購入に向いているケース

上で述べたメリット・デメリットをふまえ、Amazonで購入するのに向いているケースは次のようになると思います。

① 買いたい商品が決まっている(型番やカラーなどの詳細がわかる)

② 買いたい商品を実際に見て納得している

これらの点をクリアしていれば、大型家電という失敗できない高額な買い物において、ネット通販購入でのリスクを大幅に減らすことができます。

Amazonには商品の口コミもありますが、それだけで判断するにはリスキーです。

特に大型家電ともなると、それぞれの家に適したものがあるはずですから。

なので、実際には実店舗に何度か足を運び、いろんな製品を実際に見て、店員さんにも説明を聞くなどの労力は惜しまないほうがいいと言えます。

修理保障の延長サービスはある?

冷蔵庫や洗濯機、カメラなど、あらゆる商品に延長保証を有料で付けることができます。

ただし、商品のジャンルや値段によって保障期間や、保証追加の可否が変わります。

また、長期保証プランにかかる料金も、家電本体の価格によって増減します。

この長期保証を付けるには、下の画像のように、保護プランの追加の部分にチェックを入れてから購入すればOKです。

冷蔵庫だと10年の長期保証をつけることができますが、対象製品税込価格が185,000円~189,999円までの商品の場合で17,150円の追加料金が必要です。

10年の保証を付けるのに本体価格の1割近くコストがかかる感じですね。

この保証の料金も、商品のジャンルによって本体価格との割合が変わってきますので、いくらかかるかは実際に欲しい商品のページまで飛んで確認するのが手っ取り早いです。

詳細は以下のAmazon公式の長期保証プランの説明をご覧ください。

Amazon.co.jp: 長期保証プラン

ちなみに、我が家では購入した冷蔵庫に延長保証は付けませんでした。

理由は、冷蔵庫の故障というのは購入後1年以内の初期不良か10年以上使ったあたりからが圧倒的に多いらしいという情報を耳にしていたからです。

1年以内の初期不良による故障であれば、そもそも最初から付いているメーカー保証で修理してもらえるので問題ありません。

もし10年以内に不具合が発生したら、不運だったと諦めることにしようと考えました。

この点は保険と一緒で考え方はひとそれぞれかもしれませんね。

家電設置と回収のサービスはある?

心配している人も多いと思いますが、実はAmazonでも家電の宅配後の設置や、その際の古い方の家電の引き取りサービスがあります。

まぁ、あんなデカいの玄関に置いて、ハイさよなら~は、さすがにキビシイですからね。

対応商品には、商品ページにサービスの選択として、以下の画像のような選択肢が出ていますので、希望するサービスを選択しましょう。

冷蔵庫の場合、

設置・接続までしてもらうサービスが +110円(安!!)

古い冷蔵庫の引き取りサービスが +1650円

両方お願いしても +1760円  というかなり良心的な価格設定でした。

たったこれだけのコストで、お家の希望の場所まで運び、設置をしてくれて、古い方を回収してくれるというのは本当に助かります。

その他の注意点として、古い冷蔵庫の処分にはリサイクル料金という費用が必ずかかります

Amazonでの依頼に関わらず、家電量販店などで依頼した際も同じで、家電リサイクル法に基づく所定の料金を支払う必要があります。

Amazonでの購入で、こういったリサイクル料金のかかる家電の引き取りを依頼した場合、

商品購入時の価格に反映されるわけではなく、実際の宅配・設置日に、配達員の方に料金を支払うことになります。

ちなみに我が家では、設置・回収サービスどちらも利用しました。

リサイクル料金は確か5000円弱くらいだったと記憶していますが、当日配達員の方に現金で手渡ししました。

購入から発送まで

購入時にお届け日(設置日)を決めることができます。

注文後は設置日まで待つだけですが、その前日の夕方~当日の朝10時までに、配送業者から確認の電話が入ることになっています。

注意点として、注文確定後はサービスの追加や変更ができません

設置や回収サービスの選択を間違えた、変更したいという時は、商品の出荷準備が始まる前に注文をキャンセルし、希望するサービス内容で再注文するしかありません

そもそも注文のキャンセルは出荷準備開始後は不可になる為、注文後は念のため履歴から購入内容などに間違いがないかすぐ確認をしておいた方がいいでしょう。

また、出荷準備の状況は注文履歴から確認が可能です。

搬入(経路)や設置などの注意点

搬入経路に関してはAmazonにて以下のような案内がされています。

Amazon.co.jp: 大型家電・家具 設置回収サービス – 配送

この案内の中でも表記されていますが、冷蔵庫の搬入の場合、冷蔵庫本体の幅プラス20cm以上の搬入経路を確保しないといけません

これ、家の中にある普通の開き戸のドアは通らないない可能性があります

我が家の場合、玄関を通ってすぐのリビングに入るドアがまず通りません。

そこでリビングの掃き出し窓が大きいので、そこからの搬入になるのかなぁくらいに思っていたんですよ。

ただ実際は、設置当日になって、それでは問題があり搬入できないという事態になってしまったのです。

我が家のリビングの掃き出し窓の外側には柵があるのですが、この柵の上を超えての搬入には、4人分の人手が必要ということで、当日2人の配達員だけでしたので不可ということでした。(柵の向こうに2人と手前で受け取る2人)

一応、私と嫁が手伝うという提案もしましたが、やはりトラブル回避のため拒否されました。これはまぁ仕方ないことです。

ということで、我が家では残念ながら、当初の配達日には設置が不可能ということになり、その配送業者と後日設置の予約を取り直すハメになり、新しい冷蔵庫は一旦おあずけとなりました。

結局それまでの準備(古い冷蔵庫の中身を出しておくとか)が全部無駄になったのであります(涙目)。

おそらく普通の搬入では配達員2人で事足りるので、こういう搬入が特殊な状況になりそうな場合は、事前に相談をしておいた方がよさそうです

そもそも、事前に配送業者と連絡はとれるのか?という点ですが、Amazonによると、発送確認メールに配送業者が掲載されており、事前に相談ができるという趣旨の案内があるため、まずはメールをチェックしてみると良いと思います。

我が家に来てくれた配送業者の方は、後日に仕切り直しになったにも関わらず、嫌な顔せず親切に対応してくれました。

搬送の様子↓

手際よく搬入してくれるのを私はボケーっと見ていただけなんですが、お礼に飲み物(ペットボトル)くらい用意しておけば良かったと思い、嫁に近くの自販機までダッシュで買いに行ってもらいました。

あと、古い冷蔵庫をどかした後の床がクッソ汚い状態でしたが、新しい冷蔵庫を設置する前に少し掃除させてもらいました。

これはあらかじめ、掃除用にクイックルワイパーなどを準備していたのでスムーズで良かったと思います。

まとめ

Amazonでの大型家電購入は実店舗より安く購入できることも多く、設置・回収サービスの使いやすさも考えると、選択肢として十分アリだと思います。

購入前に商品のリサーチを欠かさずおこない、何を買いたいのかはっきりさせておくとトラブルのない買い物ができるでしょう。

必要な人には有料ですが延長保証サービスも利用可能です。

自宅への搬入経路で不安がある場合は、Amazonからの発送確認メール記載の配送業者へ連絡し、事前に相談することをおすすめします。

家電は家電屋さんでしか購入しない!という人も、なんとなく不安で敬遠している人も、一度検討してみてもいいと思いますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする