子連れファミリーにおすすめ!GO TO EATのポイント還元対象店舗の選び方と名古屋市内の注目のお店

こんにちは、ぽんすけです。

突然ですが、GO TO EAT(ゴートゥーイート)キャンペーン、利用してますか?

我が家ではめっちゃ利用しています。

私は「プレミアム付き食事券」の方も購入しましたが、今回の記事でおすすめしたいのは「オンライン来店予約によるポイント付与」の方です。

こちらに関しては、ニュースでもいろいろ(トリキ錬金術や1人で10人分の予約承認を強要など)騒がれました。

しかし、このポイント付与のシステムは、そんなズルやルール違反などしなくたって十分にお得な制度で、特に子供がいる家族で利用すればお得感MAXで、使わない手はありませんよ!

この記事では、「ホットペッパーグルメ」のサイトを利用した「オンライン来店予約によるポイント付与」を実際に活用している私が、利用方法、注意点、お得なお店の選び方、子連れファミリーにおすすめの店(主に名古屋)を紹介します。

ここからは以下の順で説明しています。

追記: ※ 現在GO TO EATでのポイント付与は終了しています。ポイントの使用のみ可能な状態ですのでご注意ください。

オンライン来店予約によるポイント付与の概要

Go To Eat(ゴートゥーイート)キャンペーンの一つであるポイント付与事業は10/1から開始されました。

ホットペッパーグルメやぐるなび、食べログなどの飲食予約サイトを利用して、対象店舗で食事をすると、そのサイト内で、次回使える期間限定ポイントがもらえるという内容です。

付与されるポイントは、来店時間によって以下のパターンに分けられます。

・ランチ (~14:59)  一人あたり500ポイント

・ディナー(15:00~)  一人あたり1,000ポイント

ただし、付与ポイント以上(ランチ500円(税込)以上、ディナー1,000円(税込)以上)の注文が必要です。例として、ランチ時間帯に2名で予約来店した場合、二人で合計1000円分注文しなければなりません。これを下回る場合はポイント付与対象外となってしまいます。

ポイント付与のタイミングは食事をした日の7日後(ホットペッパーグルメの場合)となります。これは飲食予約サイトによって違うようです。

もらったポイントは2ヶ月の使用期限があり、次回来店予約した際に使用することができます。1ポイント=1円として使え、実際に食事をして会計をする時に、予約時サイト内で入力した数値ぶんだけ値引きされます。

このGO TO EATポイント付与事業は、ポイント付与期間が2021.1.31まで、ポイント使用期間が2021.3.31までとなっています。

活用法と注意点

一度ポイントをもらうと、次回から使用したポイントぶんだけ値引きされた金額で食事できるのですが、このキャンペーンのすごいところは、値引き前の値段がポイント付与の条件に達した金額であれば再びポイントがもらえるということです。

つまり、一度ポイントをもらってしまえば、その後は何度でもポイント値引きされた金額で食事ができてしまうのです。

例えば二人でディナーを予約し、2000円以上の金額の食事をして、2000ポイントもらったとします。再び二人でディナーを予約し、初回の食事でもらった2000ポイント使用して、2000円引きで食事をします。値引き前の値段が2000円以上なら、また2000ポイントもらえ、また次回の食事が2000円引きになります(以下無限ループ)

ここで食事代が税込みでちょうど2000円だった場合、2000円値引きするとタダになるのに、ポイントはまたもらえちゃうんです。

まぁ、毎回そんなギリギリを狙わなくとも十分お得な制度ではありますが・・・。

一方で注意点もあります。

正直めちゃくちゃお得すぎる制度のため、利用者はかなり増えているようです。ポイント付与の期間は2021.1.31までの予定となっていますが、この事業の予算がなくなり次第終了とのことなので、予定より早く終わってしまうという可能性は十分あると考えられます。

また、ポイント付与までは7日間程度のラグがあるため、上記のお得な無限ループを楽しめるまで少し日数を待つ必要があります。

毎日ポイント値引きで食事するという夢の日々を過ごすためには、最初の1週間は毎日自腹で食事をすることになるわけで、そこそこの出費になります。いくらその後はポイントで食事できたとしても、最初の出費はまぎれもなく返ってこないお金ですから、調子に乗りすぎず、どこまでお金を使うのか、冷静に判断したほうが良いでしょう。

最初に多額の出費をした挙句、予定より早くキャンペーンが終わってしまった、というリスクがあることも念頭に置いたほうが無難かと思います。

その他の注意点として、お店によっては独自のルールを設定している場合があるということです。(割合としてはかなり少ないですが、たまに見かけます)

もともと共通のルールとして、付与ポイント以上の金額を注文しなければならない、という規定がありますが、店側でもさらに独自に付与条件を追加で設定して良いとされているのです。

例えば、あるお店では特定のコースを注文した場合のみ有効とするなど、店側がポイント付与対象を絞っていることがあるわけです。

また予約人数においても、「小学生以下は人数に含めない」などの独自のルールを設定しているお店もあり注意が必要です。

もともと農林水産省の公式HPでは年齢に関する言及はありませんが、飲食予約サイトごとでは少し解釈に違いがあり、乳児はダメとするサイトもチラホラ散見します。ちなみに私が利用しているホットペッパーグルメでは特に制限はありません。利用しているサイトのGO TO EATの利用規定などを参照してみてください。

その上でお店側でも上記のような年齢制限のルールを設定していることがあるので、予約時には独自の制限がないかお店の基本情報やGO TO EAT用のコースの説明欄など毎度確認しましょう。

あと、居酒屋に分類される店舗ではそもそも「お子様連れ不可」となっているお店もあり、これはGO TO EAT関係なく子供は来ちゃダメよってお店なので、当然予約は不可となり、あわせて注意が必要です。

子連れファミリーにおススメの理由

さて、このお得なポイント付与ですが、子連れファミリーこそ最大限の恩恵を受けることができると思います。

基本的にはお子さんが乳児とかでなく、お店の食事をいただける年齢であれば(店独自のルールが無ければ)モラル的にも人数に含んでよいわけですから、その分たくさんのポイントがもらえます。

例えば親2人・子2人の4人家族であれば、毎回4000円引きで食事ができることになります。

大人ほど食べない年齢の子供であれば、子供分の食事代は少なくすむ為、大人だけの予約よりもコストがかからないのに、きっちりポイントはもらえるという点がかなり有利です。

もともと単価の低いリーズナブルなお店であったり、お子様ランチなどの子どもが安く済むよう優遇されたメニューがあるお店、焼肉や回転ずしなど注文する量の調整がしやすいお店などをうまく活用して、自然に付与ポイントを超えすぎないような金額になるお店でまわしていくのがお得で良い方法だと思います。

高級なお店に行って、無理くり付与ポイント内に収めようとするのは、あからさますぎて私にはちょっとできませんが、ポイント内に収めつつ別のお店にハシゴするという猛者もいるみたいですね。

お店にはそのお店なりのふさわしい食事の仕方があるでしょうから、そのあたりのモラルも考えながら、自然なカタチでの食事でうまくポイントを活用することをおすすめします。

うちもそうですが、子供ができると、これまでよりも出費がかさんだりして、その分節約をして外食を減らしたりする家庭が多いと思います。

そんな苦労をしてきた分、今回は存分にキャンペーンに乗っかってやろうじゃありませんか。

罰は当たりませんよ、きっと・・・(自分への言い聞かせ)

ホットペッパーグルメ活用法(店舗検索~予約~来店まで)

さて、では実際に私が利用しているホットペッパーグルメの活用法として、店舗検索~予約~来店までの流れを説明します。

ちなみにホットペッパーグルメにはwebサイトの他に専用アプリがあるので、私は主にアプリの方を使っています。

① 店舗検索

アプリにしても、webサイトからにしても、「詳細検索」などの条件付き検索の機能ではGO TO EAT対象店舗だけを絞ることができないようです。(この点は他のサイトのほうが使いやすいかもしれません)

では、どうやってGO TO EAT対象店舗だけを絞りこむかというと、アプリとwebサイトいずれの場合も以下のバナーをクリックすることで、GO TO EAT対象店舗に検索条件を絞った状態になります。

注意点としては、アプリからの場合、webページの方に飛ばされるので、こちらの方ではログインしていない状態になってしまいます。

ここからエリアとジャンルを更に絞ることは可能なので、どこにどんな対象店舗があるのかをおおまかに知りたいときはこの方法でも悪くないと思います。

ただし、実際にお店に行くために予約をする際、この検索方法では不便に感じるかもしれません。

まず、ここからでは日時や人数を指定した検索ができないのが致命的です。

この日、この時間に、この人数で行けるお店はあるかなーといった検索ができないんですね。

その上、GO TO EAT対象店舗に絞った後では、その他の「詳細検索」の機能も使えないのです。

詳細検索の方では通常、座席の種類から禁煙・喫煙、さらには駐車場の有無から夜景がキレイかなんてことまで、多彩な絞り込み機能があるのですよ、でもこれが利用できない・・・。

実際にどこかに食べに行こうってなったら、日時・人数を指定して、細かな希望の条件があれば絞りこんで店を決めるのが普通(というか楽)ですからね。

じゃー結局どうするのが良いかというと、私的には以下の手順がおすすめです。

まずはGO TO EAT対象店舗に絞らずに、

① 普通にエリア・ジャンル・日時・人数などで絞る。

② 次に「詳細検索」からの「さらに詳しい条件」の中から

「ポイントが使える」にチェックを入れます。

③ 他に絞りたい項目があればチェックを入れて「検索」。

④ そして出てきた検索結果の中からGO TO EAT対象店舗を探す。

対象店舗には以下のようなマークが付いているのですぐわかります。

この方法なら、アプリ利用でもいちいちwebページに飛ばされなくてすみます。

「ポイントが使える」にチェックを入れることで、検索結果一覧のGO TO EAT対象店舗は次回ポイントを使うことができる店ということになる為、この条件で絞ることをお勧めします。(GO TO EAT対象店舗の中にはポイントは付くが利用はできないという使いにくいお店があるのです…)

名古屋(愛知県)で注目の対象店舗

ここからは私が注目している店舗(主に名古屋近辺)を紹介します。ここは私が調べた限りのことを載せていますが、内容が変更になることもあり、掲載と違う場合もありますので、来店の際はご自身でしっかり確認をお願い致します。

※ 情報は随時更新予定です。

① あみやき亭(愛知県を中心としたチェーン店)

リーズナブルに国産牛が食べれる焼肉チェーン店です。ご飯がおいしいのもGOOD。

しかもコロナウィルスの影響でずっと中止していたサラダバーが復活して、ちょっとしたデザートも食べ放題なので子供も喜びます。

② 美濃路(愛知県を中心としたチェーン店)

あみやき亭と同じ会社が運営する焼き鳥チェーン店です。子供の好きなフランクフルトや唐揚げ、ポテトなどもあり、意外にファミリーにも使いやすいのです。全体的に値段が安く、我が家は家族4人で4000円少し超えるくらいで皆お腹いっぱいになります(但しドリンクはお冷で…)。

③ かっぱ寿司(全国チェーン)

100円寿司であるかっぱ寿司もGO TO EATに参入しました!

これは・・・説明不要にお得ですよね。もともと安いので大人だけで利用しても大した額になりませんので、全ての人におすすめですね。

④ 藤一番(愛知県を中心としたチェーン店)

GO TO EATポイント付与対象店舗の中では貴重な(愛知では対象店舗が少ない)ラーメン屋です。しかもチェーン店で子連れファミリーでも行きやすいのもポイントです。

ラーメン自体の種類も多く、チャーハン、唐揚げ、ギョーザ、ミニ丼など一通りのサイドメニューもそろっています。

ラーメン屋さんですからもともと単価が低く、ディナーならトッピングやサイドメニューも楽しむのも良いと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする