注文住宅を建てて、1年住んでみた感想

ウサギ小屋からこんにちは

あんまり広くはないけれど、こだわって(お金の許すかぎり)建てた我が家に住んで1年がたちました。

家を買うなら建売ではなく注文住宅がいいという嫁の意見によって、我が家は某2流(?)メーカーによる建築条件付きの土地を購入し家を建てました。

毎日が忙しいことも手伝って、あっという間の1年でした。

引っ越してきたときは、上の子である長男はキッチンの蛇口に手が届かなかったのに今は届くことや、下の妹には階段あぶないかなーと思っていたのに、今はぜんぜん気にしない、気付くと子供って1年ですごく成長しますよね。

こんな風にこの家と共に子供は成長していくんだなあとしみじみ思います。

さて、そんな我が家ですが、注文住宅にして大正解だったと思っています。

ここをああしたい、あそこはああでなきゃダメ、いろいろこだわりがある方はやっぱり注文住宅がいいと思います。

ただいいことばかりではありませんでした。

まず実際に家を建てるまでが長い。毎週のように打ち合わせ。小さい二人の子供がいる我が家では、とにかく打ち合わせがしんどかった。

なにより子供を遊びに行かせる時間が削られてしまうのがかわいそうでした。

注文住宅を建てることは夢のようだけれど、決めることが多すぎて打ち合わせがしんどいことは本当に覚悟した方がいいです!

「家は3回建てないと理想の家にならない」なんてよく聞きますが、ちゃんと自分でしっかり考えて建てれば1回目でも満足な家にできます。

とにかくこだわるべきところは「自分で」しっかり調べること!

ハウスメーカーの担当者にまかせっきりは思わぬ悲劇を生みますよ!

建売だとそもそも現物をみて購入してるし、あとからこうだったらいいなと思っても「建売だからしょうがない」と納得できる部分があるはずです。

しかし注文住宅はあらゆることを自分で決めれるので、もし建ててからイメージと違った場合、その後悔は半端ないと思います。

我が家は建てる前にいろいろ考えてしっかり検討を重ねたはずなのに、やはり想像と違って少し残念、という箇所が多少はあります。でもすごく後悔するようなことがなく、こだわった分だけ愛着がわいています。

ここだけでは我が家のこだわりを紹介しきれないので、今後別の記事に書こうと思いますが、今注文住宅購入を検討中の方の参考になればと思います。

あ、やっぱり後悔することありましたわ。こだわりすぎて予算オーバーして毎月がローン地獄ってこと忘れてました。

これ、ほんと注意。ローン地獄・・・ぐへ。 ではさようなら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする